illustration by gettyimages

私たちとネアンデルタール人が交配した事実、なぜわかったのか

塩基配列から謎を読み解く

DNAが似ているから交配したと言えるのか

ネアンデルタール人の化石から初めてDNAが抽出され、塩基配列が決定されてから20年以上が経った。また、ネアンデルタール人のDNAの塩基配列から、私たちヒトとネアンデルタール人が交配していたことが明らかになってからも、ほぼ10年が経つ。

ヒトとネアンデルタール人が交配していた事実も、それなりに広く知られるようになり、講義などでそのことを話しても、驚く人は前より少なくなった。

【写真】ネアンデルタール人の頭蓋骨
  イベリア半島南東部のイギリス領土であるジブラルタルで発掘されたネアンデルタール人の頭蓋骨 photo by gettyimages

しかし、その代わりに、こんなことを言われることが多くなってきた。

「ネアンデルタール人とヒトのDNAは99パーセント以上同じだっていうけれど、そんなに似ているのは、お互いに交配していたからなんですね」

そう言いたくなる気持ちも、何となくわかる。わかるけれど、そうではない。ネアンデルタール人とヒトのDNAが似ているからといって、交配していたことにはならないのだ。

DNAが似ていても交配したことにはならない

私たち日本人とアフリカのサン族は、もちろん両方ともヒト(学名はホモ・サピエンス)である。そして、両者の共通祖先がいたのは、10万年以上前だと考えられている。さらに、遺伝学の研究によれば、この10万年のあいだ、両者はほぼ交配していないと考えられている。

一方、私たちヒトとネアンデルタール人の共通祖先がいたのは、70〜60万年前だと考えられている。日本人はヒトの一部なので、私たち日本人とネアンデルタール人の共通祖先がいたのも、70〜60万年前ということになる。

日本人のDNAの中には、ネアンデルタール人のDNAが約2パーセント含まれている。ということは、日本人の祖先は、ネアンデルタール人と交配したということだ。ヒトとネアンデルタール人の交配が、約5万年前に起きたことは、ほぼ確かである。ただし、その他にも交配が起きた可能性はあり、日本人の祖先がネアンデルタール人と交配したのが、いつだったのかは、よくわからない。よくわからないけれど、おそらく10万年前よりは後だろうから、ここでは数万年前としておこう。

以上をまとめると、こういうことだ。日本人の祖先は、まず70〜60万年前にネアンデルタール人の祖先と分岐した。その後、10万年以上前にサン族と分岐した。そして、数万年前にネアンデルタール人と交配した。

【写真】サン族の人々
  ゲームに興じるサン族の人々。サン族は世界最古の民族と言われている photo by gettyimages

ところで、現在の日本人のDNAは、ネアンデルタール人よりサン族のDNAに、ずっと似ている。それなのに、どうして、サン族とは交配しなかったけれどネアンデルタール人とは交配したと、わかるのだろうか。