〔photo〕gettyimages
# 食糧

コロナ自粛でわかった「過剰消費大国・ニッポン」の不都合な真実

エシカル消費では経済はもたない…

コロナウイルス蔓延でロックダウン寸前まで追い詰められた危機的状況下、消費は生活維持に必要なミニマルまで萎縮し、期せずして「エシカル消費」が実現しているが、パンデミックが収まった後も消費が元に戻るとは思えない。

〔photo〕gettyimages

エコミニマルで環境に優しいエシカル消費を謳うのがサスティナブルだと企業ブランディングのトレンドになっているが、このままエシカル消費が続けば経済循環が萎縮して現代文明が崩壊しかねない。

それは温室効果ガスが地球温暖化と環境破壊をもたらすという美しき世界的キャンペーンも同様で、人類活動が生み出す温室効果ガスが辛うじて食い止めている氷河期の再来を許し、人類が8000年かけて築いて来た文明を根底から崩壊させるリスクがある。

エシカル消費が文明を滅ぼす…?

「環境に優しい」は好ましいが、「リサイクル」や「ミニマル消費」が広がりすぎると不要不急な新品の消費が萎縮し、所得や雇用も萎縮して経済が縮小スパイラルに陥り、過剰消費が支えてきた現代文明を崩壊させるリスクが指摘される。

 

エシカル消費を極めれば産業革命以前の農耕経済に戻って経済規模も人口も劇的に萎縮し、現代文明は滅んでしまう。

そんな極端なことはあり得ないと思うかも知れないが、この一ヶ月ほど、我らはエコミニマルなエシカル消費を実体験している。所得も資産も脅かされて明日の生計が見えず、マスクなど衛生用品はもちろん生活必需品の入手さえ細る実情下では、エコミニマルに徹するしかない。

それがどれほど消費と経済を連鎖的に萎縮させ、世界恐慌さえ危ぶまれるほど深刻な状況を招いているか、誰もが実感しているはずだ。