在日米軍にコロナ感染者続出、日本は何も教えてもらえない「異常事態」

米軍基地という「聖域」の大きなリスク
半田 滋 プロフィール

緊急事態宣言にも従う必要がない

不公平な項目はまだある。日米地位協定第9条2項には、続いて「合衆国軍隊の構成員及び軍属並びにそれらの家族は、外国人の登録及び管理に関する日本国の法令の適用から除外される」とあり、日本政府が改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づき、仮に緊急事態宣言を発令したとしても米兵とその家族、軍属は従う必要がない。

つまり、こういうことだ。

 

日本政府は、米軍基地の米兵がいつ、どこから来て、どのような生活を送っているのか、まったく知らず、基地の米兵やその家族、軍属は日本の法令に従う必要もない。まさに基地は「聖域」なのである。

しかし、基地内にいるのは同じ人間なので、新型コロナにも感染する。日本の衛生当局が基地に立ち入ることができない以上、米軍は日本側に適時適切な情報を提供する道義的な責任がある。つねづね、米軍のみなさんは沖縄の人々に「善き隣人でありたい」と言っているではないか。