空前絶後の組織的デジタル性犯罪として韓国を震撼させている「n番部屋事件」。
コミュニケーションアプリ「テレグラム」内のチャットルームで、女性を脅して撮影した性的映像や画像を累計約26万人が有料で閲覧し、被害女性は未成年も含め70人以上にのぼる。

写真はイメージです〔PHOTO〕iStock

被害女性への加害ぶりは文字にするのもはばかられるほど猟奇的で(詳しくは、現代ビジネスの記事「韓国で起きた衝撃の性犯罪『n番部屋事件』の深すぎる『闇』」を参照)、大統領府には加害者の厳罰を求め500万人以上の請願が集まる事態となっている。

事件内容もさることながら、もう一つのインパクトは韓国の女性たちがSNSを通じて事件の周知を世界に呼びかけた点である。それは程なくして日本のSNSにも波及し、事件への批判と被害者との連帯を表明する光景が多く見られた。

なぜ、韓国の女性たちは海外にまで助けを求めたのか。その理由と背景について、韓国のフェミニスト団体「オンニネットワーク」の見解を軸に紐解いていきたい。

オンニネットワーク
2004年に発足した韓国のフェミニスト団体。女性が異性愛に基づいた性的役割にとらわれず、個人としての人生を追求する「クィアフェミニズム」を提唱している。女性の人権が家父長制に隷属することを批判する「非婚」運動を行うことでも知られている。

「性的欲求」に対する男女差別

ネット上には性欲の発露として自身の裸体や性器を投稿する人々が一定数存在するが、韓国ではこれを「イルタルゲ(エロ垢)」と呼ぶ。n番部屋事件の手口の一つには、イルタルゲの女性に声をかけ、個人情報をおさえたと脅してチャットルームに誘導した例もある。オンニネットワーク事務局のシエル氏は、韓国では女性と男性の性的欲求の表出に対する差別が深刻であると話す。

「同じ『イルタルゲ』でも女性は社会的にバッシングされるのに対し、男性は『男の性欲は自然なものである』『男ならば一度くらいはそんなこともある』という雰囲気に助けられ、日常生活を維持できます。

具体的な事例は個人保護のためお話しできませんが、最も一般的な例は芸能人です。女性芸能人は熱愛が発覚するだけでもひどい嫌がらせを受けますが、男性芸能人はたとえ性犯罪を起こしてもすぐに復帰します。未成年者買春をしたり、風俗店の女性を性暴行した疑いを受けた男性歌手らが何事もなかったかのように活動再開の準備をする姿が、メディアに映し出されます。そうした風潮が積もり積もって、今回の事件に繋がったと考えます」