「キスまでは不倫じゃない」と言い張る30代主婦の、危険すぎる趣味

石田衣良「大人の放課後ラジオ」
石田 衣良 プロフィール

キスで本当に止まれるの?

早川:初回から「衣良節」が炸裂ですけど、これあえて道徳的に聞きますけども、こういう形で生活に潤いが出てくるのは衣良さん的にはアリということだと思いますが、そういう方法以外にハリを出す手段ってありますか?

石田:この方の場合は夫婦関係の問題なので、やっぱり夫婦関でちゃんと会話があって、定期的なセックスがあってという、その仲良し感があることが大事なんじゃないでしょうかね。

早川:やっぱり夫婦関係に問題があるってことなんでしょうかね。

photo by iStock

石田:いや、問題があるではないと思います。10年〜15年とか一緒に暮らしていて、子供がいる夫婦なんかはそういう甘いイチャイチャの雰囲気がだんだんと無くなってくるのの仕方がないよってことですよね。お互い新鮮さがすり減ってくるんだから。性的には、知らないことって魅力なんだよね。全部知っちゃうと楽しくなくなるので。

早川:これ質問だけだとわからないですけど、お子さんいるのかなあ。

石田:どうでしょうね。

早川:結構フットワーク軽く動いていそうな感じはありますよね。

石田:ただ、キスがどんなキスなのかは問題だと思うんですよね。要するに、軽いチュッだったいいけど、ディープキスだったら、大人の男と女がそこで止まれるかってこと。キスだけで帰ってこれんのかなあ。

早川:じゃあ今回は石田衣良的には、合コンは行ってもいいし、潤ってもいいけど、キスはアウトということ。

 

石田:これ逆にさ、奥さんの立場から見て、旦那がキャバクラ行ってゲームとかおしゃべりとかで盛り上がるのはいいけど、キャバクラでディープキスするのかって話じゃない。そこまでしちゃたら、それはホステスさんも割と本気ってことでしょ。そうなると奥さんも旦那を許せなくならない?

早川:そうなるとこの方も危ないですね。二次会的な雰囲気が漂ってますよね…。

石田:キスが危ないんだよね。

早川:合コン自体は、衣良さんのいうところのキャバクラと一緒だけど、そこから1対1になるとちょっと…。

石田:1対1でキスをするなると。そこで本当に止まれるかどうかがすごく心配。

早川:そこがボーダーラインですね、今回は。

石田:ボーダーラインですね。止まれるかどうか。できないと思うんで、キスはやめておいたほうがいいんじゃないかというのがアドバイスかな。

※2016年6月10日公開「恋と仕事と社会のQ&A」より

もっと「大人の放課後ラジオ」を聞くならコチラ

石田衣良(いしだ・いら)/1960年、東京生まれ。84年に成蹊大学を卒業後、広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターとして活躍。97年「池袋ウエストゲートパーク」でオール読物推理小説新人賞を受賞し作家デビュー。2003年「4TEEN フォーティーン」で直木賞を受賞。『アキハバラ@DEEP』『美丘』『娼年』など著書多数。
早川洋平(はやかわ・ようへい)/プロインタビュアー。新聞記者等を経て、2008年キクタス株式会社設立。著名人から市井の人々までをインタビューし、それを発信する音声メディアを製作。『横浜美術館「ラジオ美術館」』『石田衣良 大人の放課後ラジオ』などプロデュース多数。