殺人事件の半数以上は
親族間で起きている

この数年、日本で起きている殺人事件の内訳をみると、親族間での殺人が頻繁に起きています。法務省が発表している殺人事件の動向というデータでは2016年に摘発した殺人事件(未遂を含む)のうち実に半分以上の 55 %が親族間殺人。実際に検挙件数そのものは半減している中で親族間殺人の割合は増加しています。  

殺人事件そのものは減っているのに、親族間の事件は増加している。つまり、 家族、血族、そして他人から親族になった人に対して強く明確な殺意をもたらすほどの感情がむしろ強まっているということがわかります。他人であれば許せるけれども、家族であると許せない。一見パラドキシカルですが実は、誰もが抱いたことのある感情ではないでしょうか。

Photo by iStock
-AD-

親子、兄弟姉妹、そして祖父母と孫……。近い間柄で近親憎悪は起こりやすいのですが、血縁関係にかぎったことではありません。夫婦間でも他人同士なら生じないような感情の行き違いが生じます。事件として報じられるのは夫婦間で起こるものが話題になりやすいかもしれません。

多くの人は、愛着とか愛情、家族の絆……そういったものを無条件に、崇高で美しいものだと思っています。だからこそ、そこで考えることを多くの人は止めてしまいます。家族の絆のためなら、と犠牲を強いてしまう。
 
自分ががまんしさえすればと思ってしまうのです。その結果耐え切れなくなったときに、相手に対して「殺したい」という憎悪の念が噴き出してしまう。もともと他人として尊重していればそんなことは起こらなかったでしょう。家族として甘え、期待しすぎたツケを払わされる側はたまったものではありません。

子どもを、自分の本意ではないはずなのに虐待してしまうという親御さんもいると思います。自分がよくないことをしているとわかってはいる。でも、どうしてこの子は自分の思うとおりに動いてくれないのかと、子どもに苛立った感情をぶつけてしまう。それも愛着が強すぎるからこそ起こってしまうという側面があるのではないでしょうか。距離が近すぎるあまり、客観的に見ることができない。愛着が強すぎるからこそ、激しく、必要以上に攻撃してしまい、冷静になったときに自分のしたことに恐れおののいてしまうのです。

毒親 毒親育ちのあなたと毒親になりたくないあなたへ』(ポプラ新書)

「パンドラの箱を開けるような気持ちで、本書を書き始めました」そういう一文から始まる一冊。毒親とはなにか、母親のみならず父親の具体例も含めて紹介し、「愛が毒に変わる」仕組みを分析した上で、問題の解決はありうるのかも伝えている。大人になってからも意識することで変えることのできる親子関係とは何か。問題提起からその原因、解決法も綴っている。