人通りがほとんどないニューヨークの様子〔PHOTO〕Gettyimages

新型コロナ、いまの日本は「2週間前のニューヨーク」かもしれない

感染者は2週間で212人→3万人超に

東京の3月25日の感染者数は212。この数は、偶然にも、3月11日時点のニューヨーク州の感染者数と全く同じ。ニューヨーク州はそれからわずか2週間で、その数が3万2000を超えた。アメリカ在住の著者の目に映る日本の現在の状況とは。

えっ、花見?

3月第4週の3連休(3月20〜22日)、SNSでは日本の花見の写真がよく目についた。私はアメリカに住んでいるが、それを見て、とてつもない違和感を覚えた。えっ、今、花見? 大丈夫なの?

人々は変わらず、街にも、普通に出歩いているときく。

〔PHOTO〕Gettyimages

こんな状況をアメリカ公衆衛生局長官ジェローム・アダムス氏が見たら、一喝するところだろう。

「君たち、死にたいのか!」

そして当然、思うに違いない。

「いったい、安倍政権は何をしているんだ。アメリカなら、取り締まるところだ」

それだけ、日本とアメリカの危機意識には、大きな隔たりがある。現在アメリカでは連邦政府から、感染拡大防止のため「10人以上の集まりを禁止せよ」というガイドラインが出されている。

 

そのアダムス氏、3月23日、テレビに登場して、アメリカで「外出禁止令」が出された後もビーチに押しかけた人々を戒めたのだが、その時の発言には並々ならぬ説得力があった。それはこの一言だった。

「みな、自分が感染していると思って、行動してほしい」

私たちはもうすでに感染している。あなたも私も感染者なのだ。この意識を持つことはとても重要だ。全ての人々が感染者だと考えて行動しなければならない状況まで、今、世界は追い詰められている——。