提供:するが企画観光局

産地を巡り、今まで知らなかったお茶の魅力に出合ったら、「今日は、コーヒーじゃなくお茶にしよう」「たまには急須で淹れてみよう」「お昼は毎日、お茶を淹れよう」。そんなふうに、お茶との付き合い方に変化が訪れるかも。女優 井上真央さんと一緒に、あらためて、お茶が飲みたくなる旅へ。今回は、茶師と一緒に自分好みのお茶をつくり出すサービスと、静岡へ行ったら訪れるべき日本茶スイーツ店をご紹介。

茶巡り旅①井上真央さんが日本茶の“今”を体験!静岡へ茶巡りの旅に」はこちら

Cha-meguri 2【合組-GOUGUMI-】
果物、ハーブ、スパイスと合わせ、
自分だけのお茶をつくる

茶師との対話でできあがる
一期一会のお茶の味

合組とは、産地や品種によって味の異なる多様な茶葉をブレンドし、味わいを整えて商品にするための、お茶業界の伝統的な技法。その技術を新しい味づくりに応用したのが、この「合組‒GOUGUMI‒」だ。

茶葉以外に、ハーブ、スパイスなどさまざまな素材をブレンドし、これまでにない新しいお茶を茶師と一緒につくり出すサービスで、茶師は、味や香りの好み、体のコンディションなどを聞きながら、その人に合ったレシピをつくり上げる。

ワンピース¥88000/マディソンブルー ☎03-6434-9133 イヤリング¥61000/カスカ表参道本店(CASUCA) ☎03-5778-9169

対話しながらできあがったお茶を、その場で淹れて味わい、最後は、世界でひとつだけのそのお茶に名前をつけて終了となる。残りの茶葉をお土産として持ち帰るとともに、後日、同じレシピのお茶を注文することができるのだそう。一煎、二煎、と淹れるごとに変化する味わいを感じながらいただこう。

するが企画観光局
☎054-251-5937
info@chajihen.com

.

井上真央(いのうえ・まお)
1987年神奈川県生まれ。映画『八日目の蟬』(’11/成島出監督)で、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ数々の賞を受賞。映画『白ゆき姫殺人事件』(’14/中村義洋監督)、『焼肉ドラゴン』(’18/鄭 義信監督)、『カツベン!』(’19/周防正行監督)、2021年公開予定『大コメ騒動』(本木克英監督)、テレビドラマ『花より男子』シリーズ(TBS)、『おひさま』(’11/NHK)、『花燃ゆ』(’15/NHK)、『明日の約束』(’17/KTV)、『乱反射』(’18/NBN)、『少年寅次郎』(’19/NHK)主演など、代表作多数。

Cha-meguri 3【お茶処】
一服するなら日本茶で。
お菓子やスイーツも本場ならでは

日本茶本来のおいしさが光る
本場のお茶カフェでひと休み

せっかく静岡まで来たのなら、静岡県産のおいしい日本茶をいただける素敵なお店で一服。本格的な和菓子と日本茶を静かな茶室でいただいたり、趣向を凝らした新感覚の創作メニューに舌鼓を打ったり、ついでにお土産の茶葉や茶器を選んだり……。

県内には、おいしい日本茶と甘味やスイーツをいろいろなカタチで楽しませてくれる日本茶カフェがたくさんある。どのお店でも日本茶のメニューが複数用意されているのは、日本一のお茶処ならでは! 旅の気分を盛り上げてくれる、おいしいお茶とお菓子を召し上がれ。


焙煎温度別の味の変化を体感
MARUZEN Tea Roastery

ティージェラート・ドリンクセット(トリプル¥1019)。写真のジェラートは、上から焙煎温度100℃の煎茶、130℃の煎茶、200℃のほうじ茶。焙煎温度130℃の深蒸し煎茶(右)は、旨味や渋みがしっかりと感じられる。

お茶の香りを閉じ込めたティージェラートと、一杯ずつ丁寧にハンドドリップされたお茶が味わえる日本茶専門店。最大の特徴は、茶葉の焙煎温度が80℃、100℃、130℃、160℃、200℃から選べること。お茶は焙煎温度に加え、それぞれ一番茶を使った清水区両河内産の浅蒸し、森町産の深蒸しも選べるから、メニューのバリエーションがとにかく豊富。フレッシュな煎茶から香ばしいほうじ茶まで、まったく違う味のグラデーションを楽しんでみて。

静岡市葵区呉服町2-2-5
☎054-204-1737
営業時間:11:00~19:00
定休日:火


こだわりのブレンド茶が魅力
茶町 KINZABURO

茶っふるは、天竜、岡部、ほうじなど、産地ごとの茶葉の味を生かした人気スイーツ。各¥120~。2階のイートインスペースには常時約10種類のお茶が用意されており、試飲は無料。

古くから茶商の町として発展してきた葵区茶町の界隈にある、お茶とスイーツのお店。1階は日本茶と、日本茶に合うお菓子がずらりと並び、2階はほっこり休めるイートインスペースに。海と山の中間地点という場所柄、香り豊かな山のお茶と味の濃い里のお茶を合組しているのが特徴。日本茶インストラクターの店主によって絶妙な配合でできあがったお茶は、「日本茶でやすらぎを感じて欲しい」という願いがこめられた逸品ばかり。

静岡市葵区土太夫町27
☎054-252-2476
営業時間:9:30~18:00、日・祝10:00~17:00(イートイン利用~17:00)
定休日:水