〔PHOTO〕iStock

日本で結婚するとはどういうこと?「夫婦同氏」を深掘りしてみると…

ゼロからわかる「日本の結婚」

前回の『ゼロからわかる「日本の結婚」その意外な真実~婚姻届の届出前後で状況が一変する』では、結婚のスタートとなる「婚姻届」についてご覧いただきました。

そして、婚姻届が受理されて婚姻が法的に成立すると、お付き合いしていた頃とガラッと状況が変わって、おもに法律上次のような権利と義務が生じます。

・夫婦同氏(民法750条)

夫婦は結婚の際に夫又は妻の氏のどちらかを夫婦の氏として選択しなければなりません。

・同居・協力・扶助義務(民法752条)

夫婦は同居し互いに協力し扶助し合わなくてはなりません。

・貞操義務

夫婦は貞操義務を負います。不倫をしてはいけないということです。

そこで今回は、「夫婦同氏」について深掘りしてみることにしましょう。

〔PHOTO〕iStock
 

1. 「夫婦同氏」とは

夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫または妻の氏を称します(民法750条)。これを「夫婦同氏の原則」といいます。

民法750条(夫婦の氏)
夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する。