photo by Getty Images

新型コロナ危機が「EU崩壊」を引き起こしかねないワケ

そもそも繁栄する国家は人口が少ない

ジョンソン英首相に拍手を送りたい

昨年は、日本でも大いに話題になったブリグジット(英国のEUからの離脱)だが、今年は新型肺炎騒動でかき消された感がある。

しかし、かなり強引な手法も用いたが大きな反対勢力に屈することなく、1月31日に英国がEUから離脱するよう導いたジョンソン氏の功績は歴史に残ると思う。

新型肺炎そのものは、すでに昨年12月30日には武漢中心医院の眼科医・李文亮氏がSNSでその感染状況を報告したのに、「治安管理処罰法」に違反しているとして武漢市公安当局によって処罰され、その情報は隠ぺいされた。

実際に世界の多くの人々が、新型肺炎の事実を知るようになったのは、習近平氏が対策を指示した1月20日以降のことである(後になって、1月7日に指示を出したと強弁しているが証拠はない)。

まさにブリグジットは、新型肺炎が欧州を含む世界でパンデミックになる直前に「間一髪」で敢行されたのだ。もちろん、今後の事務的交渉はEU側の混乱でかなり難しくなるであろうが、とにもかくにも離脱を成功させたその手腕と「強運」には拍手を送りたい。<3月27日に、不幸にもジョンソン氏が新型コロナウイルスの陽性反応を示したと首相官邸の報道官が発表したが、英国だけでは無く世界のためにも早期の回復を祈る。>

photo by Gettyimages
 

11月8日の記事「ブレグジットが『前進』するウラで、次はEUが『崩壊』してきたワケ」など、多数の記事で問題点をしてきたEUであるが、本記事では新型肺炎という「泣きっ面にハチ」の脅威にさらされているEUの行方を考えてみたい。