# 仮想通貨 # 新型コロナウイルス

コロナ相場のビットコインで「大儲けする人」「大損する人」の分岐点

短期筋の投資家からすると魅力的だが…

コロナ直撃で「ビットコイン相場」に異常あり…!

コロナショックの直撃で、一日にNYダウが1000ドル、2000ドル、日経平均が1000円以上乱高下するのはもはや珍しくなくなっている。そうした中、市場最高値まで駆け上がった米国株をさらに上回る「乱高下」を見せているのがビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)マーケットだ。

〔photo〕gettyimages

いまや原油先物にも劣らない暗号通貨相場のボラティリティは、短期筋の格好の狩場になっている。

では今後の展開はどうなるのだろうか。相場の動きとの相関関係を見ながら、推測してみよう。

新型コロナウイルスの脅威が世界を駆け巡り、金融市場では「リーマン・ショック」を上回る急落をしたのち、日経平均、NYダウともに過去体験がしたことないボラティリティに襲われている。2008年から09年の金融危機は、文字通り「サブプライムローン」に翻弄された金融機関をきっかけとした急落相場となったが、今回の相場は要因が大きく異なる。

 

新型コロナウイルスが引き起こした閉鎖的な環境が、各国の経済を衰退させ、企業の設備投資並びに保守・運用も止めたことで想定できない先行きを生んでいる。

各国中央銀行が枯渇する短期市場に資金を注ぎ込み、輸血をしている状況だが、そもそもの出血は金融機関が引き起こしたわけではないことから根本的な治療となっていない。