〔photo〕gettyimages
# 韓国 # 新型コロナウイルス

韓国でコロナ検査「世界最大級」のウラで医師が「動員」されていた!

徴兵制という名の「犠牲」

世界的に突出した「韓国のコロナ検査」のウラで…

新型コロナウイルスの流行で世界中がパニック状態に陥っている。この状況を伝える日本のテレビニュースを見ていると、よく耳に入ってくる言葉がある。「韓国のように対応すべきだ」「韓国を見てください」といった言葉だ。

これらは韓国の行っている検査数が世界的に見ても突出した「数字」であることを念頭に置いての言葉だ。

〔photo〕gettyimages

3月23日現在、韓国のコロナ累計検査件数は33万件で日本の1万8千件、イタリアの23万件に比べても圧倒的な検査件数であることに異論はないだろう。韓国の人口が日本の半分以下の5千万人であることを考えれば、その差はより歴然としたものにみえてくる。

日本のテレビで韓国の例を取り上げているのは「日本も韓国のように検査対象(件数)を増やすべきだ」という主張だ。検査対象を増やせば、より多くの感染者を見つけ出すことができ、そうすればより迅速な対応が可能になるはずだ、という主張だ。

一部では「症状が出ている患者を中心に検査するほうが効率的」という意見も聞かれるが、韓国が他国に比べ驚くべきスピードで検査をこなしているということだけは事実で、日本ではそこに注目しているコメンテーターが多数派であるように見える。

 

韓国がこのように圧倒的なスピードで検査を行うことが出来ている大きな理由の一つは政府が診断キットを「緊急使用承認」という形でいち早く許可したためだ。

これは、まだ許可を受けていなかった診断製品について食品医薬安全処長が一時的に製造、販売、使用することを許可するという制度で2015年のMERS流行を受けて導入された制度だ。つまり、通常なら検証と許可にかなり時間がかかるプロセスを省略し、緊急時にそのまま使用することを許可する、という制度だ。