初対面の人とは「天気の話」をするのが、やっぱりベストなワケ

それでも、人と差がつくポイントがある
麻生 けんたろう プロフィール

「天気の話」を堂々としよう

すぐに天気の話をする人は「話がおもしろくない人の典型だ」なんて言う人もいます。相手は「そうですね」としか答えようがないから、話が広がらないからだと。

Photo by iStock

たしかに「今日は暑いですね」みたいな声掛けは「クローズドクエスチョン」と呼ばれていて、答えにはYESかNOしかありません。

反対に「今日はどんな天気になるでしょうね」なら、相手は「朝のうちは雨ですが、午後には晴れてくるみたいですよ」とか「どうでしょうね。このままずっと雨のような気もしますが」などと、答えのバリエーションは無限となり、必然的に広がります。

ですから、人に声をかけるなら、こうしたオープンクエスチョンにしなさいと、何を隠そう僕も、ほかの本やセミナーで、そう言った覚えがあります。

 

ただ、それはあとあとの話であって、最初は違います。

緊張して何を話せばいいのか迷うくらいなら、さっさと天気の話をしていいのです

まずは、その「天気の話なんてしたら……」という思い込みを外しましょう。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/