中古市場が熱い…!「セカンドストリート」が女性に大人気の理由

フリマアプリとの戦いの行方は
小宮 紳一 プロフィール

解決すべきは「情報の非対称性」

不用品の売却という面から考えると現在、消費者は二分化されている。発送や交渉の手間・時間を惜しまずに自分の納得のいく金額で売却したいタイプと、手間をかけずにその場で換金したいタイプだ。前者はフリマアプリを利用し、手間や時間をかけたくない筆者のような人間は手軽に持ち込めるショップを利用するのだろう。

セカンドストリートを訪れた後日、リユースショップ各社のホームページを覗いてみた。すると、取扱商品の販売価格を明示している会社もいくつかあったことが分かった。

Photo by iStock

しかし掲載されているものは、高級ブランド品や年式がはっきりしている家電がほとんどで、引き取れないものや査定の計算方法などについて詳述しているショップは見当たらなかった。

「情報の非対称性」という、取引の当事者間で、持っている情報に差があることを指す言葉がある。中古品のマーケットは依然として、売り手は品物の使用歴や品質に関しての情報を多く持ち、買い手は中古市場における相場情報を多く持っているため、こうした情報の非対称性が多い市場だ。

 

そのため、どうしても売買におけるトラブルやモラル・ハザードが生じやすい。フリマアプリで購入したところ写真や説明とかなり違う状態の悪いものが送られてきたなどのトラブルや、買い取り額が相場よりかなり安かったなどの不満は、この情報の非対称性から生まれるのである。

セカンドストリートを含むリユース業界は、まだまだ情報の非対称性が大きい業界である。今後、ショップの情報開示がより進展し透明性が増すと共に、「ショップに持ち込んで満足した」というような利用者の声が増えてくると、リユース業界は次のステージに入っていくはずだ。

将来的には、情報性に鋭敏なリユースショップが業界構造を変革していく可能性は大きいだろう。