体温検査を行う香港国際空港職員 photo by gettyimages

酒類提供禁止令も…香港と日本、新型コロナ対応「スピード感」の差

すでに現金1人14万円の支給決定

世界の新型コロナの感染者が40万人を突破した。香港で最初の感染者が見つかって2ヵ月経つなか、一時は香港域内での感染拡大は落ち着いたかに見えたが、海外から戻ってくる人々による感染流入で現在、再び蔓延し始め感染者が増加中だ。

さらに香港では、世界で初となる感染者の飼い犬が死亡したことが話題になった。飼い犬はCOVID-19に関する検査で一度、弱性の陽性反応が表れていたが、この犬はすでに17歳の高齢だった。自国・地域での感染拡大を防ぐためにはいかに政府が有効な対応策を講じて市民の信頼を勝ち得るかがカギとなる。現地から最新リポートする。

すべての入境者が強制隔離に

林鄭月娥・行政長官は3月17日、新たな入境制限措置として同日から中国本土、マカオ、台湾を除く全世界各国・地域に対して紅色外遊警示(赤色渡航勧告)を発表。欧州のシェンゲン圏26カ国に対して実施する検疫措置を他の国・地域にも拡大することなり、すべての入境者が強制隔離となった。

紅色外遊警示(赤色渡航勧告)というのは昨年4月にテロ事件が相次ぐスリランカに対して発令されて以来適用が見られなかったが、今年1月のイランを皮切りに今回の新型肺炎蔓延で立て続けに発令されている。

photo by gettyimages

19日午前零時からは、香港に入境した者は強制検疫または医学観察を受けることとなった。林鄭長官は保安局の赤色渡航勧告は中国以外に適用するものであるため本土、マカオ、台湾が含まれていないと説明。渡航勧告は外国に対してのみ適用されるものとなっている。すでに本土からの入境者については2月8日から強制検疫が実施されていた。

 

香港の人口はおよそ750万人。東京都の土地面積に相当する大きさだ。多くの国・地域に比べると感染者は多い方ではないが、ウイルスが海外で拡散していることからウイルス侵入防止の焦点は海外に移っていると林鄭長官は指摘しており、海外からの流入により感染者が爆発的に増加する懸念を示している。