Photo by iStock
# クラウド会計

会計ソフトのクラウド化「Freee」が成功している、シンプルな理由

「freee」佐々木大輔社長に聞く

博報堂、Googleといった大手企業を経て起業し、米国大手ベンチャーキャピタルからも出資を受け、フォーブスジャパンが選ぶ「日本の起業家ランキング」ベスト10に2年連続で選出された起業家がいる。

'19年、東証マザーズ上場後に、1259億円もの時価総額を記録した「freee」の佐々木大輔CEO(39歳)だ。今注目の「SaaS(Software as a Service)」企業群の中でも最先端を走る企業のトップは「流されない」熱さと、飄々とした雰囲気をあわせ持つ人物だった。

freeeの佐々木大輔社長 写真/澤田篤希

起業時に火がついた一言

主力商品の「会計freee」はAIによって会計の自動化を実現するクラウドサービスです。スマホのカメラで領収書・請求書を撮影すると、AIが自動で内容を識別し仕訳してくれます。

また3600超の金融機関・クレジットカードと連携しており、入出金がリアルタイムで記録されていきます。

 

今までの会計ソフトは「借方」「貸方」など、簿記の知識を持った方が入力する必要がありましたが「freee」はそもそものアプローチが異なり、勝手に会計帳簿ができあがります。

現在は会社設立、人事労務、税務申告などを効率化する様々なプロダクトを展開していて、普及すれば特にスモールビジネスの経営者がもっと創造的なことに時間を使えるようになるはずです。

実際に「freee」で毎月レポートを見ている事業所の売り上げは、前年比30%増を記録しており、時間創出の先に収益創出があることがわかっています。