Photo by Getty Images

「瀬戸際」から1ヵ月、実は3月下旬が「新型コロナの正念場」です!

感染「第二波」が到来している!

「今が正念場、日本の運命を救えるのは、実は皆さん、あなた方なのです」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威を奮っています。スペイン、イタリア、フランス、イギリスのヨーロッパ諸国では、下のグラフにあるように、ものすごい勢いで感染による死者が増えつつあります。感染拡大は米国にも伝播し、3月24日時点で、感染者が5万2000人を超え、死者は600人に達しました。

これに比べると、日本は今のところ、一見、感染拡大を何とか食い止めているように見えます。

総理府の専門家会議が2月24日に「1~2週間が瀬戸際」との見解を示してから、約1ヵ月経過しましたが、いまだに爆発的な感染拡大は起きていません。自粛疲れもあり、緊張感も緩み、市民の間ではなんとなく「解禁ムード」すら出ています。

実際、東京や京都のお花見ができるところではけっこうな人手となり、さらに東京、大阪のライブハウスでは若い人たちが相変わらずたくさん集まっているようです。

2020年3月25日には、文部省が新学期からの「学校再開ガイドライン」を公表し、事実上、小中学校の休校措置が解除されました。あたかも危機は過ぎ去ったようにも見えます。

しかし、皆さん、実は日本は正念場に差し掛かっていることをご存じでしょうか?

「焼夷弾」が次々と降ってきた

現在、日本を感染拡大の第二波が襲っています。

1月〜2月、中国および中国帰りの渡航者によって持ち込まれた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第一波が日本を襲いました。幸いにして、大規模感染を起こすクラスターをシラミ潰しすることで、かろうじて感染爆発を封じ込めてきました。

しかし、ここにきて世界各地に拡散したCOVID-19に感染した大量の外国人や日本人旅行客が入国することで起きる感染拡大の第二波が起きています。

 

政府の「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」でクラスター対策の分析等を担当している北海道大学の西浦博教授は、保健医療従事者に向けて発信した緊急メッセージで、危機感をあらわにしています。

「それは1月から2月上旬に中国および中国帰りの渡航者を端緒として始まった流行の比ではありません。非常識を承知で分かりやすいようにミサイルでたとえると、1月から2月上旬は短距離ミサイルが5~10発命中した程度ですが、この3月のパンデミックは(中略)空から次々と焼夷弾が降ってきているような状態です。そこで『火事を一つ一つ止めないといけない』というようなのが今の状態です」

もし今、感染経路のわからないクラスターが大量に発生すると、しらみ潰しに感染経路を遮断することは不可能になり、日本もただちに上のグラフにあるようなヨーロッパ諸国の仲間入りをすることになります。