# 新型コロナウイルス # 韓国

新型コロナで「四重苦」に追いつめられた韓国・文在寅政権の末路

複合不況に襲われる韓国経済
武藤 正敏 プロフィール

持ちこらえられない韓国零細企業たち

韓国から資金流出が起こるのは、短期対外債務(1年以内に満期が来る債務)比率が34%と2015年以来最も高い水準にあるためである。

加えて貿易黒字が減少し、経常収支が悪化している。産業通商資源部によると先月の1日平均輸出額は18憶3000万ドルで前年比11.7%減少した。

新型コロナウィルスによる影響で、韓国の産業界は、サムスン電子や現代自動車など主要企業の売り上げの半分以上が米国と欧州であるだけに、大きな打撃を受けている。

〔photo〕gettyimages

1-3月期の営業利益予想は、SKがー40%、ロッテー37%、ポスコー26%、LG-25%である。輸出が落ち込むだけではなく、世界のほとんどの国が韓国からの入国を規制しており、韓国企業の海外事業に大きな支障をきたしている。

大企業以上に売り上げの激減に直面し、最も大きな影響を受けるのは零細事業者である。不景気と最低賃金の引き上げで立ち行かなくなった零細事業者がコロナの打撃を受け、これ以上持ちこたえられなくなっている。

 

韓国中小企業中央会によると、今年2月―3月13日に廃業または死亡した零細事業者がそれまでに拠出した共済金を年金形式で受ける「黄色い傘」の支給件数が昨年同期比41%急増した。