〔photo〕gettyimages
# 韓国 # 新型コロナウイルス

新型コロナで「四重苦」に追いつめられた韓国・文在寅政権の末路

複合不況に襲われる韓国経済

文政権は追いつめられている

韓国の文在寅政権が、新型コロナウイルスによって「四重苦」に陥っている。

新型コロナへの感染者数は減少しているが、それは大邱・慶尚北道を中心とする「新天地イエス教会」関係者へのPCR検査が終了したためであり、それ以外の感染が終息したわけではない。

韓国経済は、外為・金融・実体経済が連動して危機的状況を迎える、複合危機の状況に近づいている。

北朝鮮は、「新型コロナウィルス感染者はいない」と主張しているが、状況証拠からは感染が広がっていると思われる。文在寅氏は北朝鮮に保健分野の協力を呼び掛けているが、韓国の状況からして、困難であろう。

こうした中、4月15日に国会議員の総選挙が行われる。世論調査を見れば、新型コロナへの対応を評価する声もあるが、感染者が首都圏に波及している状況、複合経済危機、失業の増大を見れば状況は今後一層厳しくなることが予想される。

 

新型コロナ感染者は、2月29日の909人を頂点とし、着実に減少傾向を示している。3月15日に初めて、100割れとなってからは100人前後を上下しているが、これは新天地イエス教会の信徒を対象としたPCR検査が終了し、信徒をつながりとした大規模感染の火種がある程度収まったからであり、感染が終息しつつあるわけではない。

その間地域社会のところどころに広がった感染源が二次、三次感染を引き起こしている。ここ一週間の非新天地感染者は773人、一日平均で97人増加している。一日500人以上だった新天地関連感染者は15日から10人を下回った。22日全体感染者98人中、新天地は14人、非新天地は84人だった。