韓国で起きた衝撃の性犯罪「n番部屋事件」の深すぎる「闇」

レイプ撮影、「奴隷」と肌に刻みつけ…
トイアンナ プロフィール

被害者女性は博士に「アルバイト」として募集され、応募時点で個人情報を提供させていた。そして応募に必要だからとセクシーな画像を渡させてから「家族に見せるぞ」と脅して、自慰行為などさらに過激な動画を撮影させていたという。悪質なケースではレイプシーンの撮影や、「奴隷」と肌に刻む拷問も行われていた。

さらに、被害者は「もっとひどい目に遭いたくなければ他の女をつれてこい」と脅迫し、さらなる被害者を生んだ。最終的に被害女性は74人、うち未成年14名に上る大事件となった。

会員リストの公開を求め200万人が署名

この事件は、韓国で新型コロナウイルスを吹き飛ばすほどのニュースになっている。即座に起きたのが会員リストの公開を求める運動だ。

3月24日現在、韓国のニュースサイトNATEでは、記事ランキングのアクセスランキング15位までのうち、6つを「n番部屋」事件が占めている状況だ。

芸能人も次々に意見を表明。EXOのベクヒョンとチャニョル、俳優のアン・ボヒョン、CNBLUEのチョン・ヨンファを始めとするトップ芸能人たちが「会員リスト公開」へ署名したと発表している。

 

なぜこのようなムーブメントにつながったのか。理由は検挙の難しさにある。

チャットルームの運営者を含めた13人が逮捕されたが、閲覧していただけの26万人全員を逮捕するのは物理的にも、法的にも難しい。一般会員に関しては単なるアダルトサイトを閲覧していたケースとの区別が難しく、大きな波紋を呼んでいる。なにしろ、韓国男性の100人に1人が、加害者になっているからだ。