ペットボトルのお茶がいつでも手に入るようになり、自分のために、家族のために、友人のために……お湯を沸かして、お茶を淹れる時間が最近は少なくなってきているように感じます。各家庭で急須を見かける機会も少なくなりつつある時代ですが、昨今、海外でも注目されているお茶の魅力をあらためて感じてほしいという思いから、最新号は「日本茶」にクローズアップしました

「日本茶」といえど、種類もさまざまで、楽しみ方もいろいろ! 自分で淹れるお茶を楽しむもよし、プロが淹れたお茶を楽しむもよし、あなたなりの「日本茶」との付き合い方を見つけてみてください。表紙は、女優の井上真央さん!

【特集】
あらためて、おいしい、楽しい!日本茶

-目次-


 最新号の見どころは?

 【見どころ1】
茶巡りの旅に出かけよう

表紙を飾っていただいた井上真央さんが、日本茶の“今”を体験するため、日本一のお茶処・静岡へ。茶畑の中にあるプライベートテラスで絶景を眺めながらおいしいお茶をいただいたり、茶師と対話をしながら自分だけのお茶をつくったり……新しいお茶の世界を堪能しました。

【見どころ2】
日本茶のへぇ〜な話

「緑茶も紅茶も烏龍茶も葉っぱは同じ木から」「お茶を飲む習慣が死亡リスクを下げるかも」など、知らなかったお茶の基本知識をはじめ、「蛇口からお茶の出る小学校がある」 「ラテアートならぬ、お茶アートがある」「最近の急須は、茶柱が立たない 」など、お茶の最新事情をお届けします。

【見どころ3】
おいしいお茶の淹れ方

正しいお茶の淹れ方は?おいしく淹れるには? 茶葉によって、適量や湯温が微妙に違うので、まずは基本知識をマスターすることから! その後は、自宅でお茶を淹れるのに欠かせない急須と湯呑みについてお勉強。好みの形やデザインを選ぶ前に、知っておくべきことがありました。

【見どころ4】
閑話休題 お茶かるた

「お茶を濁す」「茶々を入れる」「茶化す」など、お茶にまつわることわざや慣用句は意外にもたくさんあります。聞いたことのある言葉も、初めて耳にする言葉も、その言葉の意味を知るとおもしろい! 

【見どころ5】
とっておきのお茶請け

ティータイムにはお茶だけでなく、お茶菓子がつきもの。お茶をこよなく愛する人たちがオススメする和菓子、洋菓子、お酒にも合うしょっぱい系のお菓子などをたっぷりご紹介。自宅用はもちろん、手土産や差し入れにも最適のアイテムを厳選しました。

FRaU 2020年5月号
「FRaU OCHA」
発売日:2020年3月25日(水)

※発売は発送の関係により地域によって異なります。ご了承ください。
価格:800円

.

 公式アカウントでも最旬情報を発信! 
▽ Instagram @fraumagazine

▽ Facebook @frau.magazine

▽ Twitter @frau_tw

▽ LINE @frau