テレビ朝日『モーニングショー』の玉川さんを見ていつも思うこと

なんでこんなに…?
週刊現代 プロフィール

政府批判にしてもそうではないか。クルーズ船での感染拡大や、水際対策の不備、出回らないマスク、全小中高校の一斉休校、そして検査拒否など、安倍政権と厚労省による混乱や失敗例は、枚挙にいとまがない。

それを「無能」と一刀両断するのは簡単だ。批判はあってしかるべきだろう。けれどもそれを、「あんたが言うな」と玉川さんに対して思う人もいるはず。

過激発言を売りにする玉川さんは、重責を担い、断腸の思いを抱えての決断など、おそらくしたことはない。そんな人が、机上の空論で正義を叫んでも、虚しく響くというものである。

 

迎合する必要はないけど

中野さんはこう続ける。

「玉川さんのような人がいなくなると、尖ったコメンテーターがいなくなり、世間が同じ方向性に流されることになりかねないので、いたほうが良い、貴重な存在ではあります。

でも、もはや批判だけでは何も解決しません。今はコメンテーターも、批判とは別の視点を持つことが求められていると思います。テレビやネットで批判をすればするほど、現場に負担がかかって回らなくなり、状況が悪化してしまうことになりかねない」

玉川さんはよく、「ずっと言ってきたことですが」と口にする。彼からすれば、コロナウイルスによる混乱も、「ほら、僕の言った通りじゃない」と言いたいのだろう。

でもその裏で、玉川さんの発言によって、「できることができなくなってしまった」事例も、確実に隠れているだろう。それを玉川さんは想像できているだろうか。できていたら、コメンテーターなどやっていられないのかもしれないが。

編集部からのお知らせ!

関連記事