iPad Pro 2020

「新iPad Pro」第三の眼にアップルが仕込んだ新たな「武器」

野心的バージョンアップを見逃すな!

「パソコンとは性格を異にするコンピュータ」

3月18日、アップルは約1年半ぶりとなる新型「iPad Pro」を発表した。

発売前の実機を入手し、新機能を確認したうえでの、最速レビューをお届けしよう。

新しいiPad Pro。試用したのは、12.9インチモデルのうち、Wi-Fiとセルラー機能、ストレージを1TB搭載した最上位モデル

iPadはその登場以来、長く「コンテンツ閲覧用の道具」と見られてきた。だが、現在はより「パソコンとは別の性格をもつコンピュータ」としての側面が強くなっている。

今回の新型iPad Proでも、その側面がさらに強化された。──「LiDAR」という新しいセンサーが搭載されたのだ。

LiDARとはなにか? LiDARの搭載は、コンピュータにとってどういう意味をもつのか?

その点を軸に、新型iPadが生み出す新たな価値を探ってみよう。

見た目ではわからない、その進化

まず、新型iPad Proの概要をおさらいしておきたい。

今回のiPad Proは、2018年10月にアップデートされて以来、およそ1年半ぶりの新製品ということになる。

 

2018年のアップデートではデザイン面が大幅に変更され、入力用のペンである「Apple Pencil」も新しいものになった。iPadが誕生して以来、最も大きな変化だったといっていい。

今回も、iPad Proの位置付けそのものは変わっていない。新たな進化点は、「外見的・性能的に見れば意外と小幅」なもの、といえる。

新型iPad Proの電源部やボリュームコントロール部。このあたりの形状に変化はなく、従来型のままだ

今回の発表に合わせて、新たな専用キーボードである「Magic Keyboard」も発表されたが、こちらの発売は5月と少し先であり、筆者もまだ、試用できていない。そのため、今回のレビューでは割愛する。

OSをアップデートすれば、新型iPad Proで使える「マウス対応」など、多くの新機能が従来のiPadでも利用可能になる。したがって、「全員が無理をしてまで、新しいiPad Proに買い換える必要はない」ともいえる。

5月に発売予定の「Magic Keyboard」。ディスプレイの角度を自由に調整できるようになったほか、タッチパッドも内蔵。キーも、MacBook Airと同じような構造のものに変わった

だが、大きく変わった部分がある。