一周回って好きかも!?
フランス人ってこんな人たち

そのあと、マニュエルは「写真を撮ってあげるよ!」と言って観光写真を撮ってくれたり、案外優しかった。ファーストインプレッションが最悪だったので、行動一つひとつが【意外とイイやつ】で好感度が増していく。

なんだ、結構普通じゃん。一度好印象になり出すともう当たり前の動作にもかかわらずイメージが爆上げ! 顔は芸術かというほど美しいし、とにかく頭の回転が速い。

観光中は、ひたすらマニュエルの人生が挫折知らずで上手くいってきたという自慢話とフランスの自慢話ばかりをされたが、それすらも清々しく思えた

まぁ、23歳で学生なんだからまだ挫折知らずとは言えないけれど、幼少期から常に成績優秀で今のところ完璧、上手く行き過ぎて怖い位らしい。自己診断はまさにパーフェクトヒューマン(笑)

と、そこに腹痛のはずのジョンがピンピンしながら通り過ぎた。「あいつ、元気そうでよかったな」とマニュエルが一言。仮病だから元気だよね……っていうか仮病なことも気付いてない?(苦笑)

その後、15年に渡り色々なフランス人に遭遇したが、【フランス人ってこんな人たち】だと私は思っている

・自分のスタイルを貫く(人の意見よりも自分の意思を貫き曲げない)
・ずっと喋っている(喋る内容は毒舌多め)
・鉄のように頑固(譲れない・譲らない、衝突しても折れない)
・自己主張が爆発(気持ちいいぐらいの自己アピール力)
・白黒ハッキリ、グレーは存在せず(好き嫌いの2つしかない)
・文句と皮肉が多い
・情熱的で感情的(年齢を重ねてもロマンティック)
・プライド・美意識が高い(英語で話しかけてもフランス語で返す・センスが良い)
・母国愛が強烈(フランスが何でも一番)
・他人は他人、自分とは無関係(他人に興味がない)
・若さよりも中身・個性を重視する(恋愛には年齢制限なし)

何だかんだ言って……最初はびっくりしたが、フランス人は憎めない。いやむしろ一周回って私は結構好きだ

リゾート地ならではのピンクタクシー。写真提供/歩りえこ

ブラを捨て旅に出よう 貧乏乙女の“世界一周”旅行記

費用はたったの150万円という、想像を絶する貧乏旅をしながら、2年間をかけてほぼ世界一周、5大陸90カ国を巡った著者。そのなかから特に思い出深い21カ国を振り返り、襲われたり、盗まれたり、ストーカーをされたり……危険だらけの旅のなかで出会った人情と笑いとロマンスのエピソードを収録。(講談社文庫)


Huluオリジナルドラマ『ブラを捨て旅に出よう〜水原希子の世界一周ひとり旅〜』

©︎Hulu Japan

人生に迷いを感じた水原希子が、突如、世界一周旅行を宣言。原案の実話エピソードをベースとしたストーリー展開を予定しているものの、現地へ赴けばハプニングだらけの珍道中(!?)という半分ドキュメンタリーのオリジナルドラマ。[全6話]