次の滞在先探しに悩む

入院期間は1カ月ほどと予想されていたので、この間に次の滞在先を見つけなければならなかった。有料老人施設のショートステイ、老人保健施設など、私もいとこたちも叔母も、あちこちの施設を訪問して相談してみたが、どの施設もひと月15万円以上。伯母の年金では払いきれないものばかりだった。

伯母の世話をしなければと思いながら、彼女のためだけに時間を割くことができず、私たちは「対症療法」しかやっていなかった。「とりあえず」がそのうち「とりあえず」で済まなくなることもうっすらわかってはいた。しかし親類にはそれぞれの家の事情があり、夫や妻側の老人問題も放置できない。あっちとこっちを両方解決するには膨大な労力を要する。どこまでやるか、どこで妥協するか。それを考えるだけでも頭が痛いのだ。 

お金、時間、仕事、老人の気持ち、人間関係。これらの複合体が全部介護者にのしかかってくる。真面目でお人好しな介護者ほど、疲弊していく。一人で背負わずに済んだのがせめてもの幸いだった。

未婚の伯母の世話をするとしたら姪っ子の我々しかない。しかし義母に実母もいて、仕事もある。色々調べても、やはりお金は相当かかる… Photo by iStock