〔PHOTO〕Gettyimages
# 韓国

新型コロナショック、韓国からの「資金引き上げ」が止まらない…

国債利回りも上昇している

足元、新型コロナウイルスによる世界的な経済・金融市場の混乱によって、投資家が株式や債券など価格変動リスクのある金融資産を投げ売りしている。

その中でも、韓国から激しい勢いで資金が流出している。

アジアの通貨市場では韓国ウォンの下落が突出している。

マレーシアやインドネシアなどの新興国よりも韓国ウォンへの売り圧力は強い。

また、世界的に見て韓国の株価下落率も大きい。

韓国の株価指数KOSPI〔PHOTO〕Gettyimages

いかに投資家が韓国から資金を引き揚げているのがわかる。

投資家が金融資産を投げ売りする背景には、新型肺炎の収束の目途がつかないことがある。

先行きが読めないことが、投資家の恐怖心理を大きく増幅している。

先行きの目途が付かないため、リスクを取れない市場参加者が日に日に増えている。

新型肺炎が世界全体で人の動線を寸断する中、韓国のように輸出入を通して世界経済に深く組み込まれてきた経済には、かなりの影響があることは間違いない。

 

高まる文政権への不信

韓国メディアの論説などを見ていると、これまでにないほど文在寅大統領への批判が高まっているようだ。

一つの要因として、文政権のコロナウイルスの感染対策の遅れがある。

韓国では新たにソウル近郊の教会で集団感染が発生した。

文大統領は中国を重視するあまり、入国制限などの初動動作が遅れた。

さらに、国内での感染対策も不十分と言わざるを得ない。

それは、市場参加者にとって軽視できないリスク要因だ。

〔PHOTO〕Gettyimages

新型コロナウイルスが経済に与える影響を考える上で最も重要なポイントは、収束にどれだけの時間がかかるかだ。

感染の食い止めに時間がかかればかかるほど、経済活動は停滞するだろう。

韓国国外の状況に目を向けると、世界的に感染対策から国境封鎖などに踏み切る国が増えている。

この状況は、韓国経済にとってかなり厳しい。

 

過去の保守派政権は、財閥企業を優遇してきた。

サムスン電子などは海外からヒト・モノ・カネを調達し、国内で汎用品を大量生産し、輸出することで業績を拡大した。

それが第2次世界大戦後の韓国経済の成長を支えた。

つまり、韓国経済の運営にはグローバルな人の移動などが欠かせない。

しかし、文政権は労働組合などに配慮した政策を進め、最低賃金を大幅に引き上げるなどした。それが中小企業などの経営を圧迫した。

また、中国経済の成長の限界などを受け韓国の輸出も減少した。

それは、韓国経済が縮小均衡に向かい始めたことを示唆する。

その上に新型コロナウイルスが発生し、文政権は窮地に立たされているといえる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら