〔photo〕gettyimages
# Microsoft # 人工知能

マイクロソフトの最先端技術が「コロナ後の世界」を一変させそうなワケ

存在が「テレポーテーション」する

世界を一変させる〝コロナ後″のテクノロジー

英「ザ・エコノミスト」誌が選んだ「危機に強い大企業」(2020年3月)に、米マイクロソフトが10位にランクインした。

日本経済新聞(3月31日朝刊)に掲載された同誌のレポートは新型コロナウイルスによって危機に瀕する世界経済でなおも力強く成長を続ける企業が紹介され、興味深い内容だった。

深刻な不況をもたらしかねない新型コロナウイルス騒動は、一方でテレワークなどの新しい働き方やライフスタイルを実現させるチャンスになるという指摘がなされている。

こうした「コロナ後の世界」を実現に導くのは人間の意思に他ならないが、筆者はこのほどその原動力となるテクノロジーについて一つの確信を持つに至った。

それはマイクロソフトが力を入れている「アンビエントコンピューティング」である。

〔photo〕gettyimages

筆者は今年1月に開かれたCES2020に参加し、これまで昨今の最先端技術の動向について分析してきた。直近の寄稿(『もはやGAFAすら「安泰」ではなくなってきた、その意外すぎるワケ』)でも述べてきたように今回のCESでは新たな潮流を変える技術革新についてはお目にかかることはできなかったが、実は「次の世界」のテクノロジーの潮流について、ひとつのヒントを発見した。

このCESのカンファレンスなどで頻繁に語られていた概念にそれは色濃く表れていたのである。それこそが「アビエントコンピューティング」である。

これは一言でいえば、意識することなくコンピューターを操作していることを指している。追って詳しく説明するが、CES2020でアビエントコンピューティングという概念を聞いて筆者が思い出したのが、昨年の春に発表されたマイクロソフトの最先端テクノロジーだった。

 

筆者はこのマイクロソフトのテクノロジーこそが、このコロナ騒動を経て、世界に大きな影響を与える力を秘めていると考えている。おそらく昨今のスマホのようなデバイスを一変させ、産業構造の変革に誘う大きな威力を持っているかもしれないのだ。

今回はそんなマイクロソフトの技術を紹介し、アビエントコンピューティングが浸透した世界を占ってみよう。