卒業式や就活、部活も消え…「休校ショック」安倍政権への学生のホンネ

拭えない不信感…
原田 曜平 プロフィール

政府の決断に対する恐怖

原田:専門家の指摘は、主にライブハウスのお客さんのことが念頭にあったようだけどね。

ほかの政府の対応についてはどう思いますか?クルーズ船への対応とか、PCR検査を全員が受けられないこと、一斉休校措置が正しかったのかどうか、といった批判がありますが、思うところはあるかな。

れんたろう:僕は政府の対応はずさんだなと思いました。マスクは必要な人に行き渡らないし、トイレットペーパー不足のガセネタも打ち消せなかったし。

クルーズ船の対応でも、船の中に入ったお医者さんが状況をYouTubeにアップしましたが、政府から動画を削除するように圧力がかかったんじゃないかという話を聞いたときも、政府は問題を隠蔽したがっているんだなと思いました。

Photo by gettyimages

原田:政府の言うことがなかなか信じられないということだね。菅官房長官は「マスクは足ります」とすぐ言ったんだけど、実際は未だにマスク不足が続いている。PCR検査をなかなか受けられないのも、感染者数が表に出ちゃうとパニックになるからそうしてるんだとか、そういう憶測が出てたりする。

はるき:僕は学校が休校して嬉しかったので、政府が悪いとか信用できない、みたいなことは思わなかったです。

 

しおり:でも、全国の小中学校が一斉に休校するってすごく大きなことですよね。どういう経緯でそうなったのかよくわからないのですが、重大な決断がけっこう簡単に下されるんだなと思いました。政府の大きな決断に慣れちゃって、なんとなく受け入れることで、たとえばこれは最悪の事態ですけど、戦争への決断をしてしまうとか、そういうふうになっちゃうのは怖いなと思いました。行き過ぎた意見かもしれないですけど。