卒業式や就活、部活も消え…「休校ショック」安倍政権への学生のホンネ

拭えない不信感…
原田 曜平 プロフィール

はるき(高校1年):僕もマスクと手洗いは親に厳しく言われています。野球部なんですが、部活もぜんぶ中止です。練習も合宿も、遠征も春の大会も無くなってしまいました。部員も先生もモチベーションが下がってしまって、つらい状況ですね。

さや(高校2年):私は学校が3月いっぱい休校になって、台湾への研修旅行も中止、週4回やっていた部活もなくなったので、ぜんぜん予定がありません(笑)。バイトを入れて稼ぐか、遊ぶかのどちらかですね。

卒業式は教室で、先生と卒業生だけで「卒業証書を渡す会」をやることになったみたいです。お祝いの会もなくなったので、3年生は悲しんでます。

ゆき(高校1年):わたしの学校も休校で、部活も3月末までなし、卒業式は前日に中止の連絡がありました。暇なのでカラオケや映画にふつうに行っていたら、「そういうところに行ってほしくない」とお母さんからめっちゃ怒られました。それから行動範囲は狭くなりました。

「若者のせい」と言われて

原田:みんな、移動や外出は概ね自制しているみたいですね。一方で、政府の専門家会議が10代、20代、30代の若者に向けて、「人が集まる風通しが悪い場所を避けるだけで、多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます」とアナウンスしています。「若者はコロナを広める可能性があるから外に出るな」というふうに受け止めた人も多かったようだけど、どうですか?

しおり:“若者のせい”がTwitterでトレンド入りしてたんですけど、政府がそう言ったわけではなくて、報道を通じてこの言葉が広まったみたいですね。

 

若者が重症化しにくいのは事実だし、気にしないで外出しちゃう若者も確かにいるので、そう言われるのも仕方がないかなと思います。でも、若者の行動を制限したら日本全体で流行りづらくなるとは思いません。

ゆうすけ:ぼくも疑問を感じました。安倍総理が専門家に相談せずに休校を決めたという報道がありましたが、それを擁護するために流された情報だと勝手に思ってました。