第7のイージス艦「まや」の能力が、自衛隊に「禁断の激変」をもたらす

大きく進む「米軍との一体化」
半田 滋 プロフィール

終わりなき「軍拡」の行く末

ちなみにCECは、弾道ミサイル防衛(MD)にも有効とされる。「まや」はMDシステムも搭載している。建造中の8隻目のイージス護衛艦「はぐろ」を含めれば、MD対応艦は8隻となり、イージス護衛艦「こんごう」型4隻のみだった旧来のMD体制は倍増する。

搭載する迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の射程が現行ミサイルの2倍に延びることから、MD体制は格段に強化されることになる。E2Dが探知した弾道ミサイルに対し、「まや」がミサイルを探知していなくとも、E2Dからの情報をもとに迎撃ミサイルを発射し、撃破することも可能になる。

「まや」は巡航ミサイルに対処できる新型の迎撃ミサイル「SM6」も搭載するため、弾道ミサイル、巡航ミサイル双方の攻撃に対処できる。

とはいえ、北朝鮮は昨年夏から新型の弾道ミサイルと巡航ミサイルを異なる地域や海上から繰り返し発射し、あえて探知困難の状況をつくり上げている。

 

ミサイルを「矛」とした場合、ミサイル防衛システムは「盾」である。中国の故事に「矛盾」の言葉がある通り、どのような盾もいつかは強化された矛で打ち破られ、矛はより強くなった盾に弾かれる。

「まや」の就役は、日本と北朝鮮の終わりのない軍拡競争が、いっそう加速度を増していることの証でもある。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/