Image by iStock

コロナで客が激減のネオン街「自殺者も出かねない」ヤバい状況

一時休業する店も

白けた店内

新型コロナウィルスの感染拡大による国内経済への悪影響が、歯止めのかからない状況だ。不要不急だとして、イベントや懇親会の中止が相次ぎ、大企業による在宅勤務の導入などが原因で、個人消費が大きく減少している。

本来ならば、かき入れ時の歓送迎会シーズンに襲ったウィルス禍に、夜の街からは「自殺者が出かねない」との悲鳴が上がっている。特に、男女が狭いスペースで同席するキャバクラなどの飲食店や風俗店などは大打撃を受けている。

安倍総理が外出の自粛を要請した2月29日の会見から10日ほど経ち、東京都台東区上野の繁華街は、午後9時を過ぎてもいつもの活気はなく閑散としていた。平日とはいえ、きらびやかなネオンが輝く通り沿いに、二次会の店を探す酔い客の姿をほとんど見かけない。

「安くしますからお願いしますよ」

若い客引きの熱心な勧誘に負け、一画にあるランジェリーパブに入ってみた。20席ほどの店内に、この日の客は50代とおぼしき三人組の1グループのみ。空き席では、セクシーな下着を身に付けた若い女の子たちが4、5人、スマートフォンを操作しながら手持ちぶさたな様子で待機してる。

Image by iStock

「いつもはこの時間なら、もっと賑わっているんですけどね。3月に入ってからずっとこの調子です。こんなにお客さんがいないことは今までないですよ。赤字覚悟ですけど、営業しないわけにはいかないですから」と男性店長はため息をつく。

先客の三人組に話を聞いた。ひとりは従業員20人ほどの建設業者の経営者という。コロナ拡大以降は、なるべく飲み会は控えていたが、この日は昔なじみの後輩たちに誘われ2次会まで流れたという。

 

「今持っている現場でも1人でも感染者が出たら、工事は則、中断になる。従業員に飲み会の自粛を要請している立場で、本当は俺がこんな場所に来ちゃいけないんだけどな」