3つのNGポイントを覚えておこう

それでは、冒頭の攻撃メールを改めて見てみましょう。

実は、日本語がおかしいなど違和感がある
(1)これはツイてる!と、とりあえず記載されたリンク先をクリックする。
(2)これはアヤしい!と、心当たりがないので無視し、削除する。

対応は(2)が正解です。注意すべきポイントをまとめます。

<NG!>とりあえず添付ファイルを確認してみようかな
心当たりのない差出人、身に覚えのない件名のメールは無視しましょう。
<NG!>前回はこんな手続きなかったけど、ま、いいか
知っている企業や知り合いが差出人でも、内容や指示に違和感を覚えたら無視しましょう。
<NG!>メールに書いてある問い合わせ先に聞いてみるか
「もしかして」と思う節がある場合でも、メールに記載された連絡先は無視しましょう。

-AD-

なお本稿を復習したい方は、トークが滑らか過ぎてアフレコと間違われがちなコミュニケーションロボットSOTA君による動画でも紹介しておりますので、ぜひご参照ください。