photo by Getty images

習近平が恐怖する「未曾有の国難」…サバクトビバッタが襲ってくる

「禍不単行(災いは重なる)」

予兆

中国語に「禍不単行(災いは重なって来る)」という成語がある。これを日本語で表すと、「泣き面に蜂」、「弱り目に祟り目」、「踏んだり蹴ったり」といったことわざになる。ドイツ語にも“ein Unglück kommt selten allein(災難は滅多に1つでは来ない)”ということわざがあるというから、これは世界に共通する公理なのかもしれない。

ところで、2020年1月28日、中国のインターネット上には、湖北省の宜昌市、荊州市、漢川市、さらには河南省の焦作市などで無数の「烏鴉(カラス)」が上空を飛び回り、「カァー、カァー」とけたたましく鳴き騒ぎ、それがいつの間にか大きな群れとなって空を覆う様子を撮影した動画が多数投稿された。

「新唐人TV」youtube画像より

あるネットユーザーはその前日の1月27日に河南省濮陽市でカラスの大群が黒一色に上空を覆い尽くすのを見たとネットの掲示板に書き込んだし、天津市のネットユーザーも1月27日に天津市の上空でカラスの黒い大群が乱舞する現象を見たと同じ掲示板に書き込んだ。

これに応じたあるネットユーザーは、1ヵ月以上前に北京市海淀区でも少なくとも数千羽のカラスが頭上を飛び回るのを見たと掲示板に書き込んだ。

カラスの大群が湖北省の各地で飛び回ることに着目したネットユーザーは、カラスが集まるのは死臭を嗅ぎ付けるからという昔からの言い伝えを踏まえて、湖北省の各地でカラスが群れて大きな集団を作るのは新型コロナウイルスに感染して武漢肺炎を発症した人が多数死亡しているからではないのかと疑問を呈した。

また、あるネットユーザーは、カラスが大群を作って飛び回るのは不吉の象徴であり、猖獗を極める武漢肺炎以外に何か他の困難が中国を襲う前兆ではないかと危惧を示したのだった。

 

2012年11月15日に開催された中国共産党第18期中央委員会第1回会議で総書記に選出された習近平は、1期5年の任期中に権力を固め、2期目である現在は習近平政権の独裁体制を確立している。

その習近平体制に大きな影響を及ぼしかねないのが、中国が直面している4つの国難である。4つの国難とは何を指すのか。