# リモートワーク

コロナ対策のリモートワーク、実践してわかった意外なメリットと課題

それでも、この流れは止まらない
永田 豊志 プロフィール

今後の対策に必要なのは、“孤独症防止”か

実際にフルリモート移行を実施してみて、多くの企業が懸念している「生産性」「ミスコミュニケーション」「セキュリティ面」に関しては、決してトレードオフではないと私は考える。ちょっとした工夫によって、リモートでも同じ条件を満たす方法はきっとある。それよりも、今後ケアすべきは、長時間一人でいることによる精神的なストレスへの対応だと感じている。

当社の社員で過去にフリーランスをしていた者は、自宅で一人で黙々と仕事をしていると人との繋がりを感じられず「精神的に辛かった」と当時を振り返っている。リアルな繋がりを遮断されることによって、精神的ストレスを抱え「孤独症」などに繋がるケースもあり得る。

この話から、普段は無意識かもしれないが、同僚との何気ないコミュニケーションがいかに大事だということが分かる。

リモートワークによる孤独感をなるべく感じさせないためにも、先に述べた定期的なビデオ会議やチャット上でのやりとりの工夫はやはり重要だと感じる。生産性への懸念から効率だけを追い求めるのではなく、一見無駄に思えることも許容していくことが必要だ。

新型コロナが収束しても、リモート化の流れは進む

新型コロナの影響は今のところ悪化の一途を辿っており、我々が想像している以上に長引く可能性もある。そのため、企業としては緊急時の一時的な対策ではなく、ある程度長い期間に耐えうる対策を考えていかなければならない。

また、新型コロナが収束したとしても、再び同じような事態は起こりうる。いつでもフルリモートへ移行できる仕組みづくりを常に整えていきたい。さらに、今回のフルリモートでの実績を踏まえ、普段からリモートの活用を増やしていきたいとも考えている。

当社では、この春に予定している新卒採用や株主総会などもオンラインで実施することを決定した。新卒採用3人1組でエントリーし、全員に内定を出すという新しい採用方法である「ワンチーム採用」では、最終的にオンライン上でプレゼンをしてもらい、採用を検討する予定だ。

また、株主を限定に行う「リモート株主総会」では、当社の顔認証システム「ProTech ID Checker」を活用し、オンラインで本人確認を行うことで入室制限を設けることにした。今後、株主総会における本人確認のシステムとして、他社の上場企業にも販売していく予定でいる。

 

今、新型コロナという外圧によって強いられた変化をある種前向きに捉える視点も必要なのではないだろうか。個人や企業が変わることで、現行の法整備が進むことも期待したい。また、そもそもの労働時間を管理するという従来の手法についても改善や見直しを検討する企業も出てくるだろう。

これまでの当たり前に改めて目を向け、柔軟に動けるかどうかで今後の企業のあり方も大きく変わってくるかもしれない。