# リモートワーク

コロナ対策のリモートワーク、実践してわかった意外なメリットと課題

それでも、この流れは止まらない
永田 豊志 プロフィール

自宅にPCやWiFi環境がない人が意外と多い

「生産性」と「ミスコミュニケーション」の他、リモートワークでは「セキュリティ面」も心配されるが、当社では自宅のインターネット回線をVPN(特定の人のみが利用できるネットワーク)に接続することで解決できた。

そのため、セキュリティ上の問題はなかったのだが、ここで意外な事実が発覚した。というのも、自宅にPCやWiFi環境がないという従業員が少なからずいたのだ。ほとんどがスマホで事足りるため、自宅には置いていないのだという。

PCは会社のノートパソコンを持ち帰ることで解決したが、WiFiに関してはすぐに自宅にインターネット環境を準備することは難しい。そこで、社用のWiFiルーターを貸し出したところ、大容量のデータを扱う部署では高額な追加料金が発生するという事態が起こってしまった。

自宅にPCと WiFiがない従業員がこんなにもいたことには正直私も驚いた。IT企業である当社でさえこのような事実があるため、それ以外の業界の企業ではこの数はさらに増えると予想できる。

じつはオフィス出社組の音声環境が課題

問題はリモートワーカーの環境だけではない。ビデオ会議を行う際には、意外にもオフィス出社している人たちの環境に課題が見つかった。

リモートワーカーがビデオ会議をする際には、小さめの部屋で、PCの前に一人でいることがほとんどだ。その一方で、オフィスに出社している人たちがビデオ会議に参加する場合は、複数人が広めの会議室に集まり、一斉に参加する。そうなると、遠くに座っている人の声が聞きづらかったり、紙をめくる雑音などをマイクが無駄に拾ってしまったりなど、音声環境には想像以上に苦戦した

 

フルリモートを実施して、会議において重要なのは映像よりも音声だということを改めて実感した。

現在、複数人のビデオ会議では全員が各自のPCでビデオを繋ぎ、話す時以外はマイクをオフにするなどの工夫をしながら進めている。マイクの性能やノイズキャンセリング機能などの環境面に加え、物音に気をつけたり、同時に複数人が話さないよう心がけるなど、各自のリテラシーを上げていく必要性も強く感じている。