「がんになっても自分らしく生きる」
ために必要な緩和ケア

これまでがんとがん医療について記してきたが、この連載の最後の記事は、がん患者の人生の終末期から、生きることを考えてみたい。

一般にはあまり知られていないかもしれないが、がんへの怖れを和らげ、「がんになっても自分らしく生きる」ことに大きく貢献してきたのは、この十年で劇的に進化した『緩和ケア』の分野だろう。緩和ケアと聞いて、死や終末期医療をイメージし、ひたすら拒んでしまう人は少なくない。しかし、実際は終末期を含め、がんと告知されてからのどの段階でも「より良く生きるために」受けることのできる医療であることは以前の記事でも紹介した。

noteに『だから、もう眠らせてほしい~安楽死と緩和ケアを巡る、私たちの物語』というタイトルで、安楽死と緩和ケアの記事を定期的に上げ、話題になっている西智弘医師は、川崎市立井田病院の腫瘍内科医で緩和ケア医だ。多いときは年間約4000件もの患者との生死に向き合っているという。

『緩和ケア』は、不治の病になった人に対し、その人の身体的、精神的、社会的、スピリチャルな苦痛を和らげるというのが定義です。研修医として働きだした2005年ころ、日本のがん医療はがんを治すことに必死で、その苦痛を和らげる『緩和ケア』の概念はほとんどありませんでした。

初期研修で各科をめぐるなかで、苦しむがん患者さんの姿に、がんは痛くて辛い病気なのだと思っていました。ところがその病院の必修研修だった緩和ケア科に行って驚いたんです。内科であれだけ苦しんでいたがん患者さんが、元気に歩いている。聞けば、痛くも辛くもないし、ご飯も食べられるので退院して家に帰りますとおっしゃる。何が起きているのかと思いました。薬を上手に使って苦痛をコントロールすることで、これだけ元気で明るい表情になるという様を見せられ、”なんだこの魔法のような医療は!”と思ったのが、緩和ケア医を目指したきかっけです」(西医師) 

緩和ケア医がするべきことは、がん疼痛による激しい痛みや不安をモルヒネや抗不安薬などによって和らげることだ。それも昏睡させてしまっては意味がない。普通に生活ができるレベルで苦痛を取り除くための技術を高め、その技術を全国へ広めることに取り組んだ。“魔法のような医療”を使う緩和ケアの主役は間違いなく緩和ケア医だったのだ。

撮影/幡野広志
西智弘医師
川崎市立井田病院かわさき総合ケアセンター腫瘍内科/緩和ケア内科 腫瘍内科-緩和ケア-在宅ケアをトータルで診療。川崎を「病気になっても安心して暮らせるまち」にするため一般社団法人プラスケアを立ち上げ、『暮らしの保健室』など新しい取り組みもチャレンジしている。『がんを抱えて、自分らしく生きたい がんと共に生きた人が緩和ケア医に伝えた10の言葉』(PHP研究所)などの著書もある。