Photo by iStock

このままずっと、中国と日本の往来がなくなったら…

「コロナ倒産」する企業が続出

どこもかしこもガラガラ

新型コロナウイルスの感染者数は、日本国内で1200人を超えた。発生源の中国でも、武漢などの大都市の「封鎖」も解除されないままだ。

いま、日本と中国の往来はほぼ「断絶」している。そして、その復活の見込みも立たない。大手メーカーの中国拠点幹部は言う。

中国政府は『4月末にはウイルス感染が終息する』と宣言しているようですが、正直言って信じられません。北京市などへ渡航しようとすると、日本からの訪問者は感染の危険がないと確認されるまで、2週間隔離されます。

つまり、日本から社員が来ても、まったく仕事にならないのが現状です。一大事とはいえ、ここまでの厳戒態勢があと1ヵ月程度で解除されるとは思えません

流行が始まってから2ヵ月、新型コロナウイルスは日本経済に深刻なダメージを与えている。中国をはじめとするインバウンドマネーをドル箱としていた企業や、中国に生産拠点を置き、世界中に製品を輸出していたメーカーは、先の見えない恐怖と戦っている。

Photo by iStock
 

2ヵ月間で売り上げの見通しが立たなくなり、倒産に追い込まれた企業もある。もし中国との断絶状態が1年間続いたら、すっかり中国頼みとなった日本経済のビジネスモデルそのものが崩壊する。