photo by iStock(写真はイメージです)

人間の「献体」と「解剖」…その知られざる手順をご存知ですか

こうして「命」はつながっていく

この実習なくして医師になることはできない

解剖――生物の体を切り開いて、その形態・構造や病因・死因などを調べることをいう。なかでも、人間の解剖には、次の3つの種類がある。

(1)人体の構造を調べるための解剖。「正常解剖」と呼ばれる
(2)死後、すぐに病変を調べるための解剖。「病理解剖」と呼ばれる
(3)変死体の死因を調べるための解剖。「法医学解剖または司法・行政解剖」と呼ばれる

(3)のケースは、テレビドラマなどでよく見かけるだろう。だが、(1)のケースの「正常解剖」、そしてそれに必要不可欠となる「献体」という言葉を耳にしたことはあるだろうか。

この「献体」とは、「正常解剖」で、医師を志す医学生などが実習を行う「ご遺体」を指す。自身の遺体を、医学・歯学の大学における解剖学の教育・研究に役立たせるために無条件・無報酬で提供することを意味する。

すべての医学生は、6年間の大学生活の中で約3ヵ月の1学期期間、篤志(とくし)として献体された人体を解剖する。この実習なくして医師になることはできない。また、看護師を目指す学生も解剖見学実習は必須である。

 

献体をした人は13万5000人に達している

日本篤志献体協会によると、篤志献体団体は全国に62団体、献体登録者数は30万人ほどで、そのうちすでに献体をした人は13万5000人に達している。医科大学、歯科大学などにある各団体は、それぞれ名称を持ち、独自に登録者を募集し、登録者の死亡が確認されると、遺族から連絡をもらい遺体の搬入に向かう。

日本医科大学大学院医学研究科・小澤一史教授

日本医科大学大学院医学研究科の小澤一史教授が言う。

「日医大の白菊会では現在、献体登録された生存会員が約800人いらっしゃいます。およそ年間25人から30人の方が献体されています。これまでに、3000人の皆さんに献体していただきました」