明治、立教、中央など…史上初の学部別「序列ランキング」を全公開する!

グーグルデータから大調査
西田 浩史 プロフィール

MARCHで頭一つ抜けている「明治」

まずは、下に示した明治大の学部序列ランキングを例にその見方を説明したい。これは、前回の記事でも公開したものだ。明治大学の最強学部とは、政治経済学部、法学部、農学部の3つ。

グーグル上で検索される言葉の種類や数などを分析し、世間の評判が高い学部、地位が変わりにくく、安定しているポジションの学部を最強学部とし、それに次ぐ学部を最強学部候補とした。最強学部が多いほど、該当する大学のブランド力が強いことを示している。

よって、図中において、上位にある学部ほど、大学全体のブランディングに大きく影響する学部といえる。これらの学部序列の年々の変化を分析すれば、予備校のデータだけでは予想できない、将来の各学部のポジションや、大学全体のイメージの変化が予想できる。

 

明治は早慶上智に「最も近い」大学

MARCHにおいて早慶上智に最も近くて人気の大学はどこか。それは明治大であり、代表的指標の偏差値を抜きに考えても同様だ。理由は主に3つある。

1つ目は、検索される言葉の種類が多いこと。MARCHの他4大学の約3倍に及ぶ。検索されている言葉の内容は様々で、有名教授や研究室、最近の出来事、在籍している有名人、大学の雰囲気など、偏差値以外にもさまざまな角度から大学のことが検索され、分析されている。

2つ目は、第一志望者が検索をかける代表的な語数も突出していることだ。難しい、名門、頭がいい、高学歴などの大学ランキングに関連する言葉の他に、人気、人気である理由、芸能人、ディズニー留学などの検索も目立つ。これも、明治大が“学力も高く、充実した学生生活を送れる”という明確なブランドを世間で確立しているといえる。