社長がフレンドリーに接する相手は女性だけではない。社長と花(女子プロレスラー)、快(コメディアン志望)、そして新メンバーの鈴木志遠(しおん/大学4年生・モデル)の4人で話をする未公開動画で、「俺が女なら快一択だけどね。なんかエロさを感じる」と、快をほめていた。快が花ひとすじで、社長は花を狙っていない、つまり快をほめても自分の恋路の邪魔にならないから言えたのかもしれないが、それでも同性を素直にほめられるのは素敵なことだ。

こちらが快。MCのYOUも快をセクシーだと言っていた〔PHOTO〕テラスハウス公式Twitterより

周りの男性に聞いてみてほしいが、男性は、めったに男同士でほめ合わない。女同士の場合、服装やメイク、ちょっとした行動や気遣いなど、いいなと思った点をほめ合うのは普通のこと。だが男同士の場合、ビジネスシーン以外でそれをすることは稀だと思う。男2人で服を買いに行き、お互いの服をほめ合うようなイマドキ男子は別として。

取引先でも上司でもなく恋愛対象でもない相手をほめるのは、下心からの行為ではなく、皆で気持ちよく過ごしていきたい、お互いのいいところを認め合って高めていきたい、というスタンスのあらわれ。社長も、そういう面を持ち合わせているように思える。

でも社長、男性メンバーにマウント取るよね? と、志遠に夢とキスしたことを自慢気に報告するシーンを思い出す人もいるだろう。

立教大学在学中で『FINEBOYS』専属モデルの志遠。モデルながら、素朴な雰囲気をまとっている〔PHOTO〕テラスハウス公式Twitterより

が、自慢はするが誰かを攻撃したり悪く言ったりはしない。彼にしてみたら、自慢できるのは正々堂々と勝負している証であり、高め合う行為のひとつなのではなかろうか。