千葉の「地味な地層」から地質年代「チバニアン」が誕生したワケ

世界が注目!地磁気逆転の謎は解けるか
菅沼 悠介 プロフィール

この度「チバニアン」という名前がついた時代は、約77万年前から約13万年前までの期間を指します。そもそもなぜ千葉に由来する名前なのか。それは、千葉県市原市にある「千葉セクション」と呼ばれる地層に、この時代を象徴する大きな特徴が記録されていたからです。

下の写真が、その千葉セクションの写真です。一見、なんの変哲もない地味なただの崖。ですが、この地層には、世界の研究者が注目する重要な記録が残されていたのです──それが、「地磁気逆転」です。

千葉セクション

「N極が南を指す」時代があった

地球には磁場があり、だからこそ方位磁石を使うと方角を知ることができます。「磁石のN極は北を指す」というのは、現在においては常識ですが、じつは過去の地球には、「磁石のN極が南を指す」時代がありました。

 

驚くべきことに、地球の磁場(地磁気)が180度ひっくり返るという現象が過去に何度も起きてきたのです。そして、いちばん最近に起きた地磁気逆転の証拠が、まさにチバニアン誕生の舞台となった地層、千葉セクションから見つかったのです。

地磁気はなぜ逆転するのか──これは地球科学最大の謎ともいえる大きなテーマです。「地磁気が逆転したって、磁石が指す方角が変わるだけでしょう?」と思うかもしれません。たしかに普段生活する中で地磁気を意識することはまずありませんが、地磁気は、私たち人類を含む生物にとっても重要な存在なのです。

Photo by Getty Images

そもそも地磁気は、地球内部を源として、大気圏を遠く離れた宇宙空間まで張り出し、太陽からの放射線や太陽風だけでなく、遠い銀河から飛来する銀河宇宙線などからも地球の表層を守るバリアのような役割を果たしています。もし地球に地磁気が存在しなければ、地球の大気は太陽風によって剝ぎ取られてしまい、地球に生命は誕生しなかった可能性すらあります。

また、地磁気の強さが現在より弱くなるだけでも、衛星通信や送電網など現代社会を支えるインフラの多くが大きなダメージを受けるでしょう。たとえば、携帯電話などを使った無線通信も不可能になるかもしれません。じつは人類を含む地球上の生命や、地球の気候すらも、地磁気の存在と切っても切れない関係にあるのかもしれないのです。

もうすぐ地磁気逆転が起こるかもしれない

一般には知られていませんが、過去200年ほどの間、地磁気の強さは低下し続けています。この傾向がさらに続けば、地磁気逆転に向かう可能性もあるのです。

我々にとって重要な地磁気が、もしいま逆転をしたらどのような事態が起こるのでしょうか? 現代の文明社会は、存亡の危機を迎えてしまうのでしょうか? 科学者たちの研究の積み重ねによって、少しずつ、でも着実に、その謎の解明に近づいています。