「やすらぎの刻~道」公式サイトより

ついに『やすらぎの刻~道』完結…倉本ドラマは「名言」の宝庫である

「人生は、アップで見れば悲劇だが…」

ゴール間近の『やすらぎの刻(とき)~道』

昨年4月にスタートした、帯ドラマ劇場『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日)。1年間という長丁場も、いよいよゴールが近づいてきた。

このドラマは、2017年の『やすらぎの郷』の続編であると同時に、主人公の老脚本家・菊村栄(石坂浩二)が発表のあてもないまま書いている、シナリオ『道』の物語も映像化するという、画期的な「二重構造」の作品だ。

『道』は、戦前の山梨に始まり、昭和、平成、そして現在放送中の令和まで、ある庶民一家の歩みを、この国の現代史と重ねながら描いてきた。こちらの主人公は根来公平。若い頃を風間俊介が、そして壮年期以降は橋爪功が演じている。

二つの物語を動かしているのは、もちろん脚本家の倉本聰だ。倉本は、ある時は菊村栄を通じて、またある時は根来公平の口を借りて、人間や社会に対する自身の思いや考えを、見る側に伝えてきた。それは主に登場人物たちの「台詞(せりふ)」に込められている。

 

たとえば、少年時代に終戦を迎えた菊村は、戦後の復興から現在までのこの国を見てきた。そして今、こんな感慨を胸の内に秘めているのだ。

「私は大声で叫びたくなっていた。君らはその時代を知っているのか! 君らのおじいさんやおやじさんたちが、苦労して瓦礫を取り除き、汗や涙を散々流して、ようやくここまでにした渋谷の路上を、なんにも知らずに君らは歩いてる! えらそうにスマホをいじりながらわが物顔で歩いてる! ふざけるンじゃない! あの頃君らは、影も形もなかったンだ! 影も形もなかった君らが、でっかい面して歩くンじゃないよ!」

こんな台詞が出てくるドラマ、そうはない。