WBSCプレミア12でも活躍した捕手・會澤が、今季カープ逆襲のカギを握る(photo by gettyimages以下同)

今季のカープ、優勝のカギを握るのは佐々岡新監督の「やさしい性格」

西山秀二の「ザ・捕手目線」第2回
西山秀二による野球解説動画「ザ・捕手目線」の第2回。広島東洋カープは、今季、佐々岡真司監督が就任して、Bクラスからの逆襲を狙う。新監督と同年齢で、共に低迷期のカープを支えた捕手・西山さんから見ると、新監督の性格が今季のカープの大いなる武器になるという。

「とにかく痩せろ」と言われている新監督だが!?

ーー今年、カープの監督が代わりました。佐々岡真司新監督は、西山さんは同年齢ですよね。今回の監督交代はどうなんでしょう?

西山:野手的には熟成されたいいチームを引き継いでいるわけですから、そんなに心配はいらないと思うんですよね。

一方で、投手陣はやっぱりちょっと、ガタガタっときたって言ったらおかしいんですけど、かなり疲れている部分と、いろいろあると思うんですよ。

だから、(投手出身の佐々岡監督が)そこをどういうふうにうまくやっていくかっていうのはあると思うんですよ。

でも、4位から優勝っていうのが一番狙いやすいというか、結構多いパターンじゃないですか。「Bクラスはダメだ、頑張らないと」っていうところで、球団も本腰入れて補強もしてくれるし、前監督が2位くらいで交代したら次の監督はしんどいけど、1回Bクラスに落ちて、「よし!そっから!」っていうのはやりやすいと思います。

(チームの雰囲気が)厳しいところから急に優しくなったら、その1年目っていうのは意外と活躍するっていうのはよく言いますよね。いろんなところでいろんな解説者が言ってますけど、緒方(孝市)前監督のときは、ピリッと締まった空気があったと思うんですよ。緒方監督は厳しかったですよ、ある程度。だけど、佐々岡監督は優しいというか、すごくおおらかですからね。

それで、チームの雰囲気が緩んだっていうことはないんですけど、これまでのピリピリした張り詰めた空気で練習している感じはなくなって、のびのびやってるっていう気はします。

そういったときの1年目って意外と選手が活躍するんです。2年目から完全にダラダラになっちゃって弱くなることもあるんですけど、1年目っていうのはけっこうみんな頑張るんですよ。そしていい結果出るんですよ。それまで小さくなってたのが、のびのびやるっていうところでね。

これがいいように回れば、放っておいても優勝する力はあると思います。カープっていうのは。

 

あとは、監督も言ってましたけど、「攻撃のことはあんまりようわからんかな」っていうような部分があるかもしれないけど、高信二ヘッドコーチがついてますから、そこは相談しながらやるんでしょうね。ただ「エンドランはけっこう使いたいんや」とかいうことは言ってましたけど。

細かいことを言えば、たとえばランナーがサードで突っ込ますのかストップなのか、カウントがスリーツーになったらランナー走らせるのか止めるのか、こういうことはわからないと思います。そういう点については、高ヘッドコーチの役割りっていうのは大きくなってくると思います。。彼ももう10年、いろんな監督、コーチに仕えてヘッドコーチも長くやってますから、(チームのことは)あらゆる面でわかっていると思います。

そういう役割分担が、うまく機能すれば選手もすごくやりやすいなか、うまくまわっていくんじゃないかなと。そうなれば、佐々岡監督はもうベンチで普通にじーっとしてても優勝争いすると思います。

監督になったとき、ネットじゃファンの人たちが「とにかく痩せろ」とか無茶苦茶なこと言ってたじゃないですか。すごい言われようだったでしょ。俺も密かに見てけっこう笑ってたんだけど。そこまで言うかっていうくらいファンの人がね。「とにかく痩せろ」とかボロカス言われてましたから、ちょっと痩せてましたよ、キャンプで見たら。

ーーけっこう気にしてたのかもしれないですね。

西山:たぶんね。

(ネットで)足を引きずって歩く姿が痛々しいとかいう声があったけど、あれは、去年膝を手術して、それが治りきってなかったからマウンドとかでああいう痛々しい歩き方になってたけど、「今年はだいぶ良うなってきた」って言って、すっと歩いてましたよ。