なぜAI時代に問題発見の重要性が増すのか?

連載『問題発見力を鍛える』vol.3
細谷 功 プロフィール

AI時代に人間がすべきことは何なのか?

ここまでのお話から、今後人間がやるべきことは明白でしょう。問題が明確に定義できて、膨大なデータが手に入る領域はAIに任せて、人間はさらにその上流の、まだ明示的に語られていない問題を自ら能動的に見つけていくことが重要になります。問題さえ明確に定義されてしまえば、あとは人間がやるよりむしろAIがやった方が膨大なデータを基に合理的な結論をより効率的に導くことが可能になってきます。

 

このような問題を始め、「与えられた問題を効率的にミスなくこなす」という従来重要だと思われていた仕事はむしろ積極的にAIに任せられるようにし、人間は本連載のテーマである問題発見に費やす割合を増やすべきでるということになります。

このように、AIを始めとするデジタル革命は問題発見の重要性に拍車をかけていくことになるでしょう。

それでは日常生活において問題を発見するとは一体どういう場面においてでしょうか?

もしかすると、「そうはいっても自分の仕事は与えられた仕事をこなすことだから」と思う人もいるかも知れませんが、どんな状況にも問題を発見することが必要な場面は出てきます。

例えば皆さんが誰かに「自動運転の最新情報について調べて教えてくれないかなあ」と言われたとします。一見「問題」が与えられたように見えますが、ここからさらに問題を発見するとすれば、どのようなことが考えられるかを考察してみて下さい。