新型コロナに悩む企業と就活生を救うか?「オンライン就活」のリアル

あの老舗メーカーも導入した理由
マネー現代編集部 プロフィール

リアルとの組み合わせで「感動」を演出

一方で、オンライン就活にも当然デメリットはある。

「ネット回線が急に悪くなったりすることはやっぱりありますね。あとは、学生が騒がしいカフェからアクセスして話が全然聞こえないということも…。でも、ある程度のアクシデントはやむをえないかなと割り切っています。導入したばかりで、人事も学生も慣れていない状態でスタートしていますから」

さらに、西島氏が挙げたデメリットは、リアルならではの「熱量」が伝わりにくい点だ。

「対面のほうがライブ感は生まれやすい。そこの差はどうしてもありますよね」

採用においては「熱量」を重視すると語った西島氏。そこはどうクリアしているのか。

「オンラインはもちろん万能ではありません。なので、すべての採用活動をオンラインで完結するのではなく『オンラインとリアルをどう組み合わせるか』がポイントと考えています。対面での選考は、採用プロセスの要所で必ず入れています」

また、オンライン就活を軸にしながら、実際に会った時の「感動」をどう作り込んでいくかが大事だと西島氏は言う。

 

「ずっとオンラインでコミュニケーションを取り続けていて、いざリアルで対面するという時は、お互いに想いが高まり合っている状態なんです。そのタイミングで、学生を工房に連れて行って職人の仕事ぶりを見てもらったり、店舗に案内して雰囲気を感じてもらう。そうすることで、土屋鞄製造所という会社をリアルに体感してもらうことが、学生にもすごく刺さるんです」

オンライン中心で選考を進めていたからこそ、リアルで会った時に、土屋鞄製造所が大切にしている「手作り感」の温もりが際立ち、感動が増幅される。昭和なたとえだが、文通のドキドキ感にも似ていないだろうか。

ハイテクなデバイスと聞くと、どうしてもその機能面に目が行きがち。だが、実は「感動」の温度を高めるハイタッチな演出こそが、オンライン就活導入のポイントといえそうだ。