Photo by iStock

東大生さえも無自覚に縛られる「みんな中流」意識の危うさ

東大入試問題から考える「格差と責任」

東大入試問題が問いかけるもの

先月行われた2020年度東京大学入学試験で、初日に実施される科目「国語(現代文)」の問題文が大きな話題となった。

「学校教育を媒介に階層構造が再生産される事実が、日本では注目されてこなかった」と始まるこの文章は、要約すると、近代社会は不平等を克服したのではなく、不平等をたくみに隠蔽して、これを正当化する論理を発達させただけである、という趣旨のものである。読者の皆さんも、ぜひ目を通してみてほしい。

Photo by iStock

現代社会ではたしかに、差別や不平等をなくすための懸命な努力が続けられてきた。まだ道半ばではあるが、私たちはこの「自由な社会」で、各人がその自由の恩恵を享受することを妨げるさまざまな障害――人種、性別、国籍などによる差別――を排除することに努めてきた。

しかしかりに今後、「差別をゆるさない」という意識が徹底的に浸透し、「差別のない社会」が実現したとしても、「個人の能力差による序列化」は温存されるだろう。

なぜなら、こと能力に関しては「当人の努力次第でどのようにでもなりうる」と、世間における暗黙の合意があり、能力差によって社会的・経済的格差、ひいては愛情やケア、信頼や人間関係などの社会関係資本の格差が生じたとしても「それは差別ではない、努力の結果だ」と正当化されているからだ。

 

だれもが教育の機会を平等に与えられていて、あとは各人の努力次第である。だから、結果の差は差別として取り扱うべきではないし、それは社会の問題ではなく個人の問題である、と。