「年収500万円」は、女性だと結構高めの年収だが、額面500万円の手取りというのは394万円! 額面と手取りにこれほど差があることをわかっている人は実は少ない。自分がもらうお金がいったいいくらで、自分が使っても赤字にならない金額はいくらなのか。それを明確に知らないと、貯金ができず、いつの間にか「貧困」は目の前に迫ってくるのだ。

ファイナンシャルプランナーの深田晶恵さんの著書『知識ゼロでも! 日本一わかりやすいお金の教科書』は、いまさら聞くことはできないかもと思う基本からお金の話をまとめた一冊だ。本書の発売を記念し、本書より「貧困女子」とはおさらばするための知識を短期集中連載でご紹介していく。

イラスト/黒猫まな子『知識ゼロの私でも!日本一わかりやすいお金の教科書』より

第1回は「自分の手取り」を知る重要性とノウハウについて。

給料明細の「読み解き方」
知っていますか?

私たちが受け取っている給料には「額面」と「手取り」があります。そんなこと、もはや常識……ですが、もしその「手取り」の額が知らない間に減っていたら? 
今回はそんな意外と知られていない給料の本当のところをお伝えします。

皆さんは給与明細をきちんとチェックしていますか?
毎月の振り込み額だけは確認している、という方がほとんどではないでしょうか。あるいは、額面の金額と実際に振り込まれる金額(手取り)を比べて、ずいぶん少ないなあ、くらいは思っているかと思います。