# 新型コロナウイルス # 日本株

日本株のコロナ暴落相場、いまこそ「仕込むべき&逃げたい」銘柄全実名

今週の「AI株価予報」で読む
マネー現代編集部 プロフィール

「需要」が変わらない業界

前出・藤本氏が言う。

「いまマーケットでは原油価格の低下も進んでいますが、これがまた原価低減に役立つ。コロナ暴落の中、日本瓦斯は業績不安ないストック型収益銘柄として投資家の人気を集めそうです」


拡大画像表示日本瓦斯の「AI株価予報」の結果

そんな日本瓦斯と同様、今週の『DeepScore株価予報AIエンジン』が上昇相場を予想するのがピジョン(7956)である。

ピジョンといえば、哺乳瓶製造からスタートして育児用品では国内トップ企業。こちらもまたコロナショックの中で注目度が高まっている。

〔photo〕iStock

前出・藤本氏が言う。

「新型コロナウイルスで、不要不急の観光・エンタメ・外食などの需要は急減していますが、育児用品は必須のモノ。極端な需要変化現象が考えにくいということが注目されている一因です。

 

さらに、過去には、NY大停電の10か月後には出生数が増加、日本でも震災の翌年には、合計特殊出生率が増加した実績があります。今回も外出を控え、家庭内での時間が増えると出生率が増加する可能性があり、その点でも注目されている」