# 日本株 # 新型コロナウイルス

日本株のコロナ暴落相場、いまこそ「仕込むべき&逃げたい」銘柄全実名

今週の「AI株価予報」で読む
マネー現代編集部 プロフィール

ガス・エネルギー需要が高まる…?

ではそんな日本株市場で、ズバリ的中率80%を超える『DeepScore株価予報AIエンジン』(DeepScore社開発・運営)が導き出した「今週の注目銘柄」を紹介しよう。

今週の『DeepScore株価予報AIエンジン』がピックアップした大本命銘柄は日本瓦斯 (8174)である。

〔photo〕iStock

日本瓦斯は「ニチガス」の愛称で知られる、関東地盤にLPガス・都市ガスを販売しているガス会社。コロナショックが吹き荒れるいま、ここへきてマーケットでの注目度が高まっていることをご存じだろうか。

DeepScore企業調査部長の藤本誠之氏が言う。

「新型コロナウイルスで、家庭でのガス・エネルギー需要の増加が期待できるとして注目が集まっているかたちです。というのも、日本では小・中・高校が休校措置になったことで、子どもが家庭にいる時間が長くなる。

そこへきて、親も会社がリモートワークを推進している。さらに外食の自粛ムードが起きているため、家で自炊することが増え、ガス・エネルギー需要が高まると見られているわけです」

 

実際、日本瓦斯の株価は、日本株全体がコロナショックの中で「総倒れ」している中で比較的持ちこたえている。