ドンキも参入! アパレル業界を揺るがす「オフプライス革命」の衝撃

もはや正価で買う顧客はいないのか
小島 健輔 プロフィール

フルプライス(正価)で買う顧客は少数派へ

どうせ放出するなら売値が半減するキャリー品(持ち越し品)でなくシーズン中に見切るのが有利で、店頭に出すまでもなく余剰在庫を放出するブランドも増えている。

実際、オフプライスストアに供給されるのはメーカーや問屋が店頭に出すことなく放出した『色もサイズもロットも揃った手垢のつかない新品』がほとんどで、色やサイズが欠け手垢も着いた小売店の売れ残りは、どうしても欲しい人気ブランドに限られる。

アパレル業界の余剰品放出が増えオフプライスストアが多店化していけば、ますますフルプライス(正価)で買う顧客は少数派になって行く。

 

正価で買う顧客がいなくなるとしたら、アパレル業界や百貨店業界はホントに崩壊してしまう。

それを避けるには生産時期を販売時期に近付け生産量を抑制して需給ギャップを最小化するのが肝要で、店舗や顧客の発注に基づく受注生産に徹すれば根本的に解決できる。わかってはいても実行できない業界の性が正価販売を追い詰めているのではないか。